お肌のためにも、肝臓を助ける食品の摂取をお勧め

肝臓は、「沈黙の臓器」といわれるくらい忍耐強く
少々無理をしてでも、黙々と働き続けます。
そのため、肝臓が悲鳴をあげたときは
体の状態が、かなり悪くなっていることもあります。

それを避けるためには
肝臓の声なきメッセージに注意しましょう。

肝臓の役割には、解毒機能と代謝機能がありますが
いずれも、大変重要なものです。

そのため、これらの役割がこなせなくなると
体内に毒素が溜まることや
栄養分が体内をまわらなくなるなどで
体の不調の原因にもつながります。

また、肌荒れが起きるなど
お肌の健康にも、けっしていいとはいえません。

これを防ぐためには
肝臓の働きを助ける食品を意識して摂取しましょう。

お手軽に摂取できるのは「緑茶」で
カテキンが、肝臓内の脂肪を減らすために活躍します。
また、「しじみ」に含まれるオルニチンは
肝臓のさまざまな機能を助ける働きをします。

そして、ブロッコリーのスプラウトには
スルフォラファンという解毒機能アップさせる成分があり
デトックスができることでも注目されています。